• ホーム
  • 電子タバコは有害?無害?安全性は?

電子タバコは有害?無害?安全性は?

最近は電子タバコについての安全性について議論がなされることが多くなっています。
そこで、電子タバコについて考えてみますと、この安全性については、今は検討中でわからないというのが結論です。
データによる検証がなされていませんから、安全だと言い切れるものではないということです。
そもそも電子タバコという名前になっていますが、紙タバコとは全く違ったものですから、同じタバコという言葉にしてしまった事が誤解を生みやすくなっている元ともいえるかもしれません。
全く違うものとして両者を比較するようする必要があります。
似て非なるものであるということです。

有害物質の有無に関しても電子タバコはまだまだ検証しきれていないことが多くあります。
ただ、これまでの紙タバコで有害とされていたニコチンであったり一酸化炭素、タールなどがないという意味では紙タバコの有害物質がなくなってるということはいえます。
その代わりに紙タバコにはなかったホルムアルデヒドなどの物質が入っているのではない、電子化されたことによる新しい材料に有害物質はないのかという不安は残ることになります。
つまり、これまでにない全く新しいものですから、有害かどうかわからないものも入っている不安があるということになるというわけです。
これまで紙タバコに入っていた有害物質の代表的なニコチンや一酸化炭素、タールなどは電子タバコにはありませんから、こうした意味では安全性が高くなっていると考えることは出来るかもしれません。

ただ、電子タバコと紙タバコは全く違うものですから、これまであったニコチンや一酸化炭素、タールなどの有害物質がないことをもってして、単純比較で安全だということはかなり難しいということがいえます。
肺がんなどの病気にかからなくなる、若しくは肺がんや病気にかかりにくくなるのかどうかは、これからの検証結果を見て判断する必要があることといえるでしょう。
電子タバコはこれまでになかった全く画期的なものですから、とにかくわからないことが多いということですから、安全だと言い切れるものではないということです。

電子タバコと紙たばこのメリットとデメリットは何?

一般的な電子タバコは紙たばこに比較すると有害物質がないので健康的だと考えられるところがメリットといえるでしょう。
これまでの紙たばこで肺がんや病気になると考えられていた要因がかなりなくなっていることはメリットだと考えられます。
ですが、リキッドの中にどのような物質が入れられるのかはメーカーによって異なります。
何を入れてよく、何を入れたらいけないのかなどの法整備は全くないといってもいいのが今の現状ですから、安全性はメーカーの信頼に依存することになっているのが現状ということになります。
これはかなりのデメリットと考えられます。
メーカーが使用した人の健康に対して責任をとることは考えにくいですから、電子タバコを吸うことによる健康被害については自己責任ということになります。

また、タバコでは気になる周りの人に付いての健康被害についても、電子タバコは紙タバコよりは被害はないであろうとも考えられますが、人は呼吸をしているわけですから、全くの無害かどうかとなると、これも未検証でわからないというのが現状です。
紙タバコよりは被害は少ないと思われるところはメリットともいえるかもしれませんが、どういう被害があるかわからないというのはデメリットと考えられます。

関連記事
タバコを排除!分煙や全面禁煙に向けた社会的な動き 2020年09月10日

日本は世界各国の中でも受動喫煙に対する対策が甘いと言われています。官公庁、医療機関、教育機関、大学、一般企業、業務用車両、電車、バス、タクシー、自家用車、ショッピングセンター、レストラン、バーのいずれの場所でも、日本は喫煙に対する法律的な規制や条例がありません。唯一禁煙となっているのは飛行機のみです...

タモリ式禁煙法を試してみよう!15秒数えるだけ! 2020年07月24日

禁煙方法には様々な方法がありますが、芸能人のタモリは病院に行かずに自力で簡単に禁煙を達成することが可能となっています。その方法としてはタバコを吸いたくなった時には15秒数えるというものです。芸能人のタモリはもともとヘビースモーカーであり、一日に何十本も喫煙をしていました。しかしこの方法を繰り返す中で...

タバコを吸わなくても肺がんに!?受動喫煙の怖さとは 2020年06月10日

タバコが喫煙者の体に悪いということは以前から言われていましたが、最近では受動喫煙の危険性が注目されるようになり、禁煙の場所も増えてきました。受動喫煙とは、自分がタバコを吸わずに、タバコを吸う人の出す煙などを吸うことを指しますが、これによって有害物質が体内に吸収され、健康に悪影響が及ぶことが考えられま...

喫煙はうつ病や精神疾患を悪化させる!その理由とは 2020年04月26日

うつ病や不安障害などの精神疾患の場合は、喫煙率が高いと言われていますが、喫煙は精神疾患を悪化させるものなので、このような病気にかかっている人は特に禁煙することが大切になってきます。喫煙が精神疾患に良くない理由としては、タバコに含まれるカドミウムが、脳の機能を悪化させ、攻撃的になるなどの症状を引き起こ...

禁煙しないとあなたはハゲる?頭皮に悪影響!? 2020年02月11日

タバコは、かっては成人男性の80%が愛用しているという時代もあったのですが、現在では百害あって一利なしとして避けられる存在となりつつあります。このために、公的な施設のほとんどは終日禁煙を実施しており、居酒屋や喫茶店といった以前は自由に喫煙できた飲食店にまでその波は押し寄せています。このように、タバコ...